家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WEB内覧会 9(予備室)

リビングの北側に6畳ほどの予備部屋をつくりました。
できるだけリビングとのつながりは持たせたいので
2枚引き戸にし開口を広くしました。
image015_20130510224809.jpg image011_20130510224808.jpg
image017_20130510225211.jpg image016_20130510225209.jpg

何の部屋かというと、、、
1.客間
2.一時的な物置
3.子供のおもちゃぶちまけ部屋
4.雨の日の室内洗濯もの干し部屋

引越し直後、一時的な物置スペースとして
そして今は、早速子供のおもちゃがぶちまけられています。
初めの想定通りの使い道で大活躍しています。(^^)

この部屋のカーテンは
少し派手目な花柄のローマンシェードです。
image021_20130510224811.jpg

リビングのカーテンとは全く雰囲気が違います。
続き部屋なのに合うのか?と思いましたが、
リビングはドレープにモカ(濃い目の茶色)
レースは大き目の花柄にしました。

リビングのレースと予備室のドレープで「柄」を合わせ
リビングのドレープと予備室の花柄の葉の「色」を合わせています。
IMG_0578.jpg IMG_0579.jpg

こんな風に全く違った柄でも、一部を合わせることで
違和感なくマッチすることを
インテリアコーディネータさんに教わりました。(^_^)
image055_20130510231003.jpg
全て同じモカに統一してしまうことも考えましたが
全体的に重くなってしまうし、
ちょっと変わった雰囲気のも取り付けてみたかったので
このようにしました。

扉を閉めてしまうと予備部屋の雰囲気も
全く別空間になり、面白いです。

花柄のドレープにしても、リビングのレースにしても、
「こんな大きな花柄でご主人は大丈夫ですか?」
とコーディネータさんが妻に聞いたらしいですが、
妻:「むしろ、夫の趣味です。」

収納も作っていただきましたが、
少し小さく、大人の布団は入りません。(^^;)
image018_20130510224811.jpg image019_20130510224813.jpg
なぜこのような形と狭さになってしまったかというと、
写真左の凸はトイレの手洗いになっており
真裏にはニッチを作ってしまったからです。
image021_20130510234313.jpg image016_20130510234311.jpg

収納を犠牲にしてでも作りたかったこのニッチ。
玄関を開けたらすぐ右手に現れるこのニッチ。
実は、板にはテレビボードと同じ栗の一枚板が使用され、
玄関灯と同期して点く照明
壁はビーナスコートのコテ塗り仕上げなど、
結構こだわった作りにしました。
image002_20130511003948.jpg image017_20130511002343.jpg
完成見学会では意外に素通りされているような感がありました。
まぁ・・・自己満足 自己満足(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/05/11 00:04 ] WEB内覧会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。