FC2ブログ

家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金銭消費貸借契約

略して「金消契約」
将来の弁済を約束した上で、金銭を消費するために借り入れる契約のことをいう。

まわりくどいですが住宅ローンの契約をしました。 

審査は長いし、書類は多いし、担当は融通利かない割りに
いい加減でお役所仕事的でのんびりだし、
お金ないから借りるのに、お金かかるし。。。
楽じゃないですね。C=(´。`)ふぅ

選んだ住宅ローンは「東海ろうきん」の
エコハウスローン(有担保)

エコハウスローンは普通の住宅ローンよりも金利が0.25%ほど低いです。
そしてエコハウスローンを適用するためには
①~⑦のどれかに該当しなくてはいけないのですが、
うちはハイブリット給湯器を導入する予定で、エコジョーズがついてくるので
この条件はクリアです。

① エコキュート設置住宅
② エコウィル設置住宅
③ エコジョーズ設置住宅
④ エネファーム設置住宅
⑤ ソーラーシステム設置住宅
⑥ 免震構造住宅
⑦ 県産材使用住宅

この0.25%という数字、あまり大したことないように見えますが、
借入額によっては、ハイブリット給湯器代くらい、軽くペイできてしまいます。
無理やりでも設置したほうがお得です。

その他の特徴はこんな感じ。
ecohausu_01.gif

金利プランはこの中から「固定金利選択型10年」を選びました。
クリップボード03
(こういうの勝手に使っていいのかな(^.^;?)
一応、優遇金利が全て適用でき0.6%引いてもらえました。

ただ、特徴・金利だけをみるとネット銀行や他の金融機関などに比べて
大きなお得感はありませんでしたが、ここを選んだ理由としては
融資実行が、屋根工事が完成した時点で可能であること
です。

通常、住宅ローンの融資実施可能日というのは、
家が竣工して住める状態になってからというのが一般的です。

そして、(前にも書きましたが)K'z Homeさんへの報酬は出来高払いで
各工程ごとにその契約した価格を元に下の割合で支払いをします。

・プラン及び見積書が確定した時点(契約金):10%
・基礎工事着工時:20%
・上棟時:20%
・外部足場撤去時:20%
・造作終了時:20%
・完成引き渡し時:10%

そのため、自己資金で全額払えない以上、
つなぎ融資という少し金利の高い融資を受けなければなりません。
当然、僕たちも自己資金で賄える訳がなく、
竣工前にお金を貸してもらわなければなりません。
(そもそも賄えてればこんなテーマで書くこともありませんが^^; )

うちは運のいいことに、自己資金が尽き、融資が必要な時期が
ちょうど屋根工事が終わった次の支払いのタイミング。

東海ろうきんであれば、つなぎ融資は不要だったということです。


10年固定金利選択の理由は、
もともと、金利上昇のリスク回避のため変動や3年固定は検討外。
ちなみに、ろうきんの担当者は3年固定・5年固定をプッシュしてきました。
あなたたちが儲かるからですか?と聞きたいところですが、
近年の売れ筋はダントツ変動で、住宅ローン利用者のおよそ8割が変動を選ぶらしい・・・。
(今のご時世、ちょっと危険じゃないか・・・?)

20年くらいの固定にしようか悩んでましたが、
東海ろうきんにはそのようなプランはなく、10年固定の次に長いのは35年固定。
そして、35年固定にすると、金利は2.35%。
家作り計画をした当初から考えたら借入金も大幅にアップしたため
できるだけ高い金利は避けたい。
(昔に比べれば十分安いんでしょうけど)

そこでその中間にあたる10年固定。

返済計画としては、
月々の返済はとりあえず無理のない範囲(今のアパート家賃より若干少なめ)に設定。
固定金利の間の向こう10年は「住宅ローン減税」の恩恵をしっかり受け、
繰上げ返済などはせずに出来るだけ貯金。
10年後、金利の動向を見て上昇しそうであれば、貯金を一気に崩し繰上げ返済。
そうでなければ、そのときの自己資金と金利動向を見ながらじっくり返済。
という作戦を考えました。(b・∀・。)


参考までに、東海ろうきん以外の金融機関で、話だけ聞いた銀行は2つ。
「みずほ銀行」と「半田信用金庫」

みずほ銀行
会社の福利厚生で優遇金利が受けられるとのことで住宅ローン説明会に参加。
金利は20年固定で2.1%と僕らにとってはちょうどいいのもありました。
それに、家が竣工していなくても、抵当権を土地に設定することによって融資してくれるため
つなぎ融資は必要ありませんでした。
ただ、保証料が借入金の何%だかつき数十万かかるという点でNG。
事務手数料はネットで行えば、無料だったかな。

半田信用金庫
日曜日に住宅展示場の中にある出張所みたいなところで相談してみました。
金利は、忘れましたが、とにかく高いという印象。
融資実行は家の竣工後のため、つなぎ融資が必要。
つなぎ融資の金利はというと、担当の人があまり詳しくなくただ「高いよ」と言われた。
平日に営業から電話させるということで、2・3度電話が掛かってきましたが、出られず、
何日か電話を待っていましたが、それから掛かってきませんでした。
やる気もサービスも悪いのでNG。


昨年末の自民党政権発足以来、アベノミクスなる経済政策。
金融緩和・円安・株高(保有しているある銀行株の連日の高値更新・・・売らなきゃ)
融資実行までに、金利が上がるじゃないかと、ドキドキしていたこの2ヶ月間でしたが
無事、(低金利で?)契約を済ませることができました。 ε-(´。`*)ホッ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/02/14 21:46 ] お金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。