家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セルロースファイバー

一部を除いて、セルロースファイバーの吹き込みまでされていました。

壁・天井、全ての面に吹き込まれます。
image029_20130212001340.jpg image006_20130212001315.jpg

雑誌などみていると、「外張り断熱」 or 「充填(内)断熱」のどちらかで
施工されている工務店さんは多いですが、
K'z Homeさんの断熱構造はその両方を施す「ダブル断熱」です。
外断熱材には「基礎」でも紹介したEPSボード(発砲スチロールのようなもの)を使用し
充填断熱にはこのセルロースファイバーを使います。

簡単に言うと、新聞紙を細かく砕いたものです。(簡単すぎか?)
原料は紙が主体なので、自然素材の断熱材と言えます。

こんなものを
1-2-1ph01.jpg

こんな機械を使って
P1080490.jpg

こんなふうに吹き込みします。
10.jpg

ところで、このセルロースファイバーという断熱材。
断熱材としての性能はもちろん高いのですが、
調湿性に大変優れているようで、
部屋の湿度が高い場合は湿気を吸い、逆に乾燥しているときは吐き出す。
といった感じで、呼吸をしています。

高断熱・高気密を謳っている住宅メーカーや工務店は数ありますけど、
断熱材にグラスウール等のガラス繊維材が使われていることもあり、
そういった調湿性のないものだと、壁内結露が発生し、
カビ・ダニの発生により住む人と住宅そのものに害を及ぼします。

以前、住宅展示場に冷やかしインテリアの参考に見学に行ったSDNハウス。
自然素材風でサッシは全て木製が標準
大手住宅メーカーの中では温かみのあるオシャレな感じでしたが、
「うちは床に断熱材が40cmも詰まっており、はだしで歩いても全く冷たくないんですよ」
などと言っていましたが、肝心の断熱材はといえばグラスウール。

これ見よがしに、グラスウールの入った壁の断面のモデルが飾られていましたが、
それを見ただけで、興味がなくなりました。(~~)


その他、このセルロースファイバーの特徴としては
防火性能・防虫防カビなどもありますが、
僕が驚いたのは吸音・遮音性能

K'z HomeファミリーのOB訪問をしたときに感じたのが、
とにかく家の中が静か!

わりと大通り沿いのお宅でも、自動車の通る音が全然気になりませんでした。

あと、大工さんに聞いた話ですが、雨の音にも気が付かず、
外に出ようと玄関を開けたら土砂降りの雨だったということもあるらしいです。
東日本大震災時の避難放送も聞こえなかったみたいです(いいのか(^^;)?)


以前、二階の(へたくそな)間取り図を紹介したときに「キカイ」と部屋があったと思いますが、
ここに空調用の機械を設置します。
基本的に1年中24時間稼動させる機械になり、音が気になるため、
この部屋の壁・天井・床全てにセルロースファイバーを吹き込み防音します。

防音された部屋・・・そう、かつてプランの構想段階で僕の夢でもあった防音の器楽室

開放的空間を取るためにはどうしても欲しかった二階のワークスペース確保のために
追いやられた先が、この機械室になります。

6面をセルロースファイバーに囲まれ、特に内壁をつける予定はありません。
これがほぼ完成形です。
高さも大人が立って頭がつきそうです。。。
image017_20130212001315.jpg
(ある意味お金のかかっている贅沢な部屋ですが・・・)

そしてこの狭い部屋に設置されるバカデカイ機械と張り巡らされるダクト。

成田さん:「ダクトだらけで、スペースなんてないよぉ」

(そんな悲しいこと言わないでください。)

加藤社長:「できるだけ、機械を奥のほうに設置するように言っておきますね」

(是非お願い致します。)

誰がなんと言っても、まだ諦めてません。


話は飛びましたが、後一つ「へ~」と思ったこと。
Iハウスの「セルロースファイバーを実際に吹き込むところを見るツアー」に
(なんちゅうツアーだ!)
参加したときに説明してもらったことですが、
「パンパンに隙間なく吹き込んだセルロースファイバーも
長年経つとどうしても湿気をもち沈下してしまう」そうで、
壁の上の方に空洞が出来てしまい、断熱効果が落ちるそうです。
IハウスもセルロースファイバーとEPSボードのダブル断熱構造で施工していますが
「落ちた断熱効果は、外断熱のEPSボードでカバーしている」
その致し方ないという説明に納得していましたが、
このK'z Homeさんが使用しているものは、沈下しないらしいですよ。
( ○’ー’)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

きっと、100年ず~っと断熱効果を保ってくれることでしょう(?)


構造見学会中、まだ断熱施工も途中でしたが、
ストーブ一つで全く寒くなく、一階と二階く温度差も全く感じませんでした。

うちの断熱性のすごさを感じました!

image028_20130212001958.jpg


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へヾ(・∀・` )ヘーヘーヘーヘーヘーヘー
↑へ~ボタン 押しちゃってください。
スポンサーサイト
[ 2013/02/12 00:53 ] 工事 断熱 | TB(0) | CM(2)
★今朝の主人の一言★
先日 構造見学会でハルハル邸を見学させていただきました りとままです。

 突然ですが、今朝 寒かったですよね、食器洗いをしていた私に 主人が近づいてきて一言、『ねえ、この部屋は暖房がついているから暖かいね、でもさ廊下は 凄く寒かったよ。もしもこのコーポがセルロースファイバーをつかっていたら、きっと廊下も ここと同じくらい暖かかいはず! それってすごい!!』

完全に影響受けています☆

私も 比較的暖かい地方で育ったので、寒いのが苦手なんです。
(小学校時代 真冬でも男子は半ズボン、女子はスカートでした。ちなみに風邪ひきさんは、保護者の一筆があれば長ズボンオッケーでした。)
やっぱり、冬暖かい家は 憧れです。セルロースファイバーいいですね!!
ただ 土地から探すため、どうしても予算が心配ですが・・。
主人の頑張りに期待です!!

最近 息子が寝てから ハルハルさんのブログを見るのが楽しみです。
更新 応援しています♪






[ 2013/02/14 23:11 ] [ 編集 ]
Re: ★今朝の主人の一言★
りとまま さん

こんばんわ。
真冬に半ズボン強制なんて、考えられないですね(・_・;

僕たちは、去年の夏の終わり頃のK'z HomeのOBさん宅へ伺いましたが、
セルロースの調湿がしっかりしているせいかサラッとしていて、
やっぱり快適なおうちばかりでしたよ。

予算は僕らもやっぱり心配でしたが、
安く済ませてしまうと、却ってコスト高になることもあります。
あとあとのランニングコストを考えると、ちょっと無理してでも…
って割り切ったことも少なからず。
これからは、少し絞ってく予定ですが…σ(^_^;)

とても嬉しいコメントありがとうございます。m(_ _)m
自分の書き残しておきたいことばかり書いて、
面白い記事になるか分かりませんが、これから建てる人にも
できるだけ参考になることも書けたらなぁと思いますので、
無理しないように、頑張ります(^-^)
[ 2013/02/15 22:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。