家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

契約直後

無事契約も済み、加藤社長も一安心。

加藤社長:「それでは、休み明けに窓の発注にかかりますね。」


そして、「またやってしまった」という反省と、「やってやったぞ」という満足感で帰宅する私たち夫婦。


そしてその日の夜、見積もり書と図面を見比べ復習。


(ん!?)

僕:「新しい見積書、窓の数が図面と合わない。」

なんと、見積書から窓が2枚、漏れていました。



次の日の朝

加藤社長に電話。

加藤社長:「ああ~すいません。漏れてましたねぇ。(教えてくれて)ありがとうございます。」
僕:「当然、見積もり金額アップしますよね?」
加藤社長:「しますね。すいません。ありがとうございました。」

しますね、じゃないよ・・・。
もし、発注が漏れて、後から別便で輸入なんてことになったら輸送代どうするつもりだったんだ?


そして昼頃、再び、加藤社長から電話


加藤社長「今日、(K'Zファミリーの)○○さんちへ行ってきたんですけど、太陽熱給湯器を入れたことでガス代いくらか聞いたところ、先月1ヶ月のガス利用がたった9立米だったんですよ。ちなみに私の家は60立米。これなら太陽熱給湯導入しても5年もすれば元が取れると思いますよ。」

加藤社長の家の60立米は多いと思うけど、実際アパート暮らしのうちが20立米。

加藤社長:「イニシャルコストが上がっても、ランニングコストが抑えられるならと以前おっしゃっていたから、これは連絡しないとと思い、電話しちゃいました。」

う~ん。。。確かに、導入価値はありそう。

妻:「検討しておきます。」

(また、コストアップか?)

加藤社長:「あと、朝、電話もらった窓の件、すいませんでした。最終確認は明日するつもりだったんですけど、そこで気づいたとしても、私からはとても言えなかったです。」

(黙っておけばよかった?)

加藤社長:「少し値引いておきますね」

(それなら許しておこう)


そして夜。


毎晩の日課になっている、図面チェック。

そして、気づいてしまった。

妻:「このキッチンの窓、樹脂サッシになっているけど、リビングから目立つよね?複合のほうがよくない?」

LDK見渡して、キッチンの一つだけサッシが樹脂。

確かに、言われてみれば気になる。

時刻は23時を回っていた。数時間後には加藤社長は窓の発注をしてしまう。

急いで「ちょっと待ったメール」をうつ。

0時を回った頃、加藤社長から電話の着信。(寝ていたので出られませんでしたが。)

朝メールを見たら「昼過ぎまでが限界ですよ(-_-;)」とさすがにうんざり顔つきメッセージがありました。

結局、どうしてもそこだけ樹脂サッシは気持ちが悪いと妻が言い張り、(「リビングでかい窓」案をほぼ独断で決めた僕がそれを止めることができる訳がなく)複合サッシに変更。

そして、その窓をペアガラスにすることは断熱魔の加藤社長の許可がおりず、トリプルガラス。

そして、やっと窓が確定し、発注を済ませられました。

加藤社長、いろいろお世話掛けました。

まだまだ、これからもよろしくお願いします。

窓サッシ変更によるコストアップ:¥27,000

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/11/27 23:16 ] プラン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。