FC2ブログ

家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

庭木も植えます。

めっきり暖かくなり、桜をはじめ、いろいろな花が咲き始めました。
通勤中や息子の三輪車を押しながらの散歩中、
人の家のお庭を見るのが楽しくなってきました。
家作りをしていると、今まで見向きもしなかったことに、
興味が湧いてきます(^^)

ということで、(サザエさんの次回予告のような切り出しですが)
昨日の打ち合わせで「庭木」の決定をしました。

先週から引き続き、2回目打ち合わせのですが、
加藤社長に庭師さんを呼んで頂き、提案をしてもらいました。

前回の打ち合わせでは、
・シンボルツリー
・目隠し用の背の高い木
・季節ごとに咲く中低木
・オプションとしてハーブガーデン
を伝えてあった予算の範囲で、庭師さんの視点で提案を頂きました。

本当はその日に決定する予定でしたが決まらず、
結局、庭師さんのベース案を元に、
植えたい木があったら追加や入れ替えをする方向で
一週間考え、今回の打ち合わせに臨みました。

打ち合わせ時刻は、13:15。
30分以上たっても、庭師さんが来ませんでした。

K'z Home事務所の前の道路が工事中で渋滞しているから遅れてるのかな?
なんて話ながら別のことを打ち合わせていましたが
しばらくたっても、来る気配がありません。

妻:「っていうか、前回って、先に帰ってもらったから
今日打ち合わせるってこと知らないんじゃないですか?」

加藤社長:「ああ、そうかっ!」

なるほど、来る訳がありません(^^;)

即刻、加藤社長が庭師さんに電話をし
すぐに駆けつけてもらいました。
(お忙しい中ありがとうございました。m(_ _)m)

この日も庭木に関する雑談ともいえる会話を交えながら
1時間ほど打ち合わせ。
シンボルツリーと目隠し用の木が決定しました。

目隠し用の木は予算削減のため、高さ2.5mの白樫から2mのものに変更。
3年後には立派に目隠しの役目をしてくれるはずです。
(・∀・)9 ガンバ!

中低木は、打ち合わせの中では決まらなかったので
妻が選び抜いた30本くらいの木の中から
予算とバランスを考えた上で、庭師さんにコーディネートしてもらうようにしました。

家作りを始める当初、
庭師さんとお話するなんて思ってもみなかったです。
庭師を呼ぶと聞いて、頑固親父のイメージしか浮かびませんでしたが、
とてもお若い、お話のしやすいご夫婦でした。
僕たちの(というかほとんど妻のですが)希望も
しっかり聞き入れてくれそうでした。(^^)>

にしても、この一ヶ月くらいの間でやたら庭木に詳しくなった妻。
僕が夜な夜な模型を作っている間もいろいろ調べていたみたいですが、
以前の瓦にしても、ほんとに調べ方が半端ないなと、
7年ほどの付き合いで今更ながらほとほと感心します(゚~゚)

庭木の話が纏まったところで、
「ついでにうちの庭木もやってよ。」
と設計士の成田さんがボソッとつぶやく。

初め、本気なのか、冗談なのか分からず
戸惑って、愛想笑をしていた庭師さん。

どうも、近いうちにリフォームを検討しているらしく本気のようでした。
成田さんのおうちは我が家から徒歩10分くらいの場所なので、
工事のついでに見にきてよとのことでした。

打ち合わせとは少しずれる会話で場を和ませてくれる成田さんと
それに突っ込みを入れる加藤社長。
毎回、楽しみながら打ち合わせも進めさせてもらっています。(^^)


さて、明日から新年度の始まりですね。
我が家も、4月末からの新居での生活よりも先に
明日から少し生活が変わります。

というのは、1年半の育児休暇を取っていた妻が、明日から仕事復帰します。
1歳半になる息子は4/5(金)に入園式を迎え、保育園通いとなります。
次の日が初登園となる訳ですが、妻が仕事、僕が休日ということで、
初登園は僕が送り迎えをすることになります。
旅行や実家に子供を預けるための荷物の準備すらしたことがない僕が
そんなことができるのか分かりませんが、そんなことも言ってられません。(;^_^A

同じ保育園に通われているお子さんとその保護者の皆様。
今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m


最後に一つだけ工事の状況です。
基礎に「ソルンホーヘン」という乱形石を貼ることにしました。
初め「石を基礎に貼る」と聞いて、
それこそ「石垣の上に建つお城みたいな?」
029_1280.jpg
と勝手に想像していましたが、

実際にはこんな感じです↓
image003_20130401003516.jpg

まだこれから少しだけ手を加えたり、
この石を他の場所にも使ったりする予定ですが、
それは完成見学会までのお楽しみにしておきます(^^)/

↓あと少し頑張りますので、お願いしますっ!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/03/31 21:30 ] 工事 外構 | TB(0) | CM(4)

あと、一ヶ月切りました

締切が差し迫ってきました。

工事の進み具合も、打ち合わせの決め事も駆け足どころか
ダッシュに近づいてきました。(; ̄д ̄)ハァハァ

妻も毎日、現場へ足を運び監督を頑張ってます (`・ω・)ゝオツカレサマデス!
が、、、ブログの更新が前回から4日も開けてしまい、追いつかない状態です。
ということで、今回は特に余談なく、写真だけで進捗報告です。

・玄関
基礎コンクリートの上に砂利が積まれ、
その上からコンクリート(?)で平らに均してありました。
image020_20130328220432.jpg image010_20130328220430.jpg image013_20130328220724.jpg
この上にタイルを貼る予定です。

・キッチン
オーダーキッチンです。
工場で作られた引き出しなどのパーツが届き、現場で組み立て。
image007_20130328221730.jpg image012_20130328221730.jpg

うちの食器の数なら、3世帯分以上は入りそうなくらいの引き出しの容量です。
食洗機などの設備については後日(^^)
image006_20130328221942.jpg image008_20130328221943.jpg image005_20130328221942.jpg

リビング側から見るとこんな感じ。
image008_20130328222658.jpg

・床
フローリングのパイン材が貼られています。
リビング以外は完成しているのかな?
image013_20130328223506.jpg image006_20130328223323.jpg

・子供部屋
勉強机と棚が造作中です。
image009_20130328223912.jpg image011_20130328223912.jpg
ところで、我が家にはまだ、子供は一人しかいません。
部屋はつなぎ部屋で、壁一枚で仕切れるよう融通を利かせましたが、
勉強机まで先に2つ用意することはなかったのかな・・・?
まぁ、いいや(^^;)

・2階ワークスペース。
ほぼ、パソコンやる場所になるかと。
あんまり閉じこもってやらないように、オープンな場所に設置です。
image012_20130328224518.jpg image015_20130328224518.jpg

・外(南)
ウッドデッキ用の基礎コンクリートです。
image028_20130328225524.jpg

・外(西)
空調機の室外機用の基礎コンクリートです。
image027_20130328225757.jpg

・外(東)
給湯機用の基礎コンクリートです。
image030_20130328225757.jpg

・外(北)
ガス(水道も)工事も完了したようで土を均しています。
image004_20130328230429.jpg image026_20130328230430.jpg image021_20130328230927.jpg

もっと紹介したいところですが、とりあえずこんなところです。
みなさん、あと少し、頑張ってください(`・ω・)ゝ

ポチッとおしていただけたら
↓励みになります!↓(`・ω・)ゝ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/28 22:01 ] 工事 進捗報告 | TB(0) | CM(0)

足場がとれました

ジャーン♪
image012_20130324001224.jpg

とうとうベールを脱ぎました!(足場・防塵ネットが撤去されました)
外壁は完成(?)です。

とりあえず、外観を一周。
image030_20130324002647.jpg image019.jpg image025_20130324002647.jpg
image005_20130324002647.jpg image061_20130324003926.jpg image018_20130324002647.jpg


外壁の最後の仕上げはこちら。
image059_20130324001257.jpg
スイス漆喰「カルクウォール」(イケダコーポレーション)

K'z Homeさんに決めたときから、
外壁は(全く悩むことなく)これと決めていました。

自然素材系のおうちの完成見学会は何度か見に行き、
プロバンス風なベージュやオレンジの壁も素敵だなぁ~とは思いましたが、
なんとなくコッパズカシさがありまして。。。(^^;)

かわいさも持ちつつ、渋さがある硬派な感じをイメージしていたのですが、
K'z HomeファミリーのOB訪問をし、
この白、洋風な日本の城のよう(なんのこっちゃ!?)で硬派じゃない!?

妻も外壁の色に関してはほとんど拘りがなかったようだったので
僕の一存で決めました。
(瓦探しはとても拘っていたのに。。。^^)

にしても、白いですね。
樹脂サッシの白が壁の色と同化してしまい
サッシの存在感がほとんどなくなっちゃいました。f^_^;)
ただ、玄関正面の木製サッシはちゃんと目立っています。

加藤社長:「いっそ、木製サッシも白に塗ってしまった方がよいですかね^^;」
成田さん:「木製サッシ白に塗っちゃうなんて、そんなの木製にする意味ないじゃない。それはないでしょう。」
加藤社長:「いやいや、アメリカじゃぁ普通にやってるよぉ」

いやいや・・・ちょっと・・・
白に塗ってしまったら、成田さんの言う通りお金かけて
木製にした意味がなくなってしまいますよ。。。(^^;)
この玄関周りの軒下の部分は、あえて分けて考えているはずじゃ!?

それにまだまだこれから玄関周りは変わって行きますよ。
必ずここが木製サッシでよかったと思えるはずです(^o^)


あっ、写真では見にくいですが、木製サッシの内側にある白い枠。
網戸の枠ですが、これ、後で交換します。不自然ですよね?
誰も白枠で来るなんて思ってもいませんでした(*o*)。


(話は変わって)こんな真っ白な壁だと(すぐ汚れるから)何度も塗り直すの?
と母に言われました。

気になる方もいるかもしれませんが、答えはNoです。

このスイス漆喰は自浄作用があり、汚れても時間が経つと白さを取り戻していき
いつまでも白いままでいてくれます。
もちろん調湿性もあります。呼吸する壁です。
生きてるみたいですね。

また、遮熱性もあり、夏でも壁があまり熱くならないようです。
遮熱性がないと太陽の熱が少しずつ屋根や壁に溜め込まれ、
次第に室内へ熱を放射しはじめます。
この「輻射熱」と呼ばれる熱放射が夏の暑さの大きな要因です。
壁の遮熱性も断熱性や調湿性と同様に、快適でエコな住宅には大切です。

ついでですが、雨どいも白にしました。
クリップボード01
雨どいの色も、実は「茶」か「白」かどちらにするかで悩みました。

茶色にすると、瓦の色と同系色になるため、屋根が重厚に見えるらしいのです。
いろいろ探し回ってやっと見つけた瓦を、より引き立たせたいのであれば「茶」。

でも、瓦と接触しているものではないため、
どうしても隙間から白が覗き込んでしまいます。

不自然に白が覗き込むくらいであれば、
いっそ全部白にしておこうということで、結局「白」に決定。

これを決めるためにも、
朝いろいろな家の雨どいを見ながら通勤したり。
何日も夜、妻と話あったり。。。
時間がいくらあっても足りません(^^;)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/24 00:49 ] 工事 | TB(0) | CM(4)

建築模型

完成しました!
image001_20130320225225.jpg
やっとできた喜びに調子に乗って、本物の完成よりも一足先に公開。

友人の新築にお邪魔したときに、飾ってあったのを見て
家作りを始める前から憧れていた建築模型。

設計士の成田さんは、基本的に「模型は作らない主義」
(図面だけでは施主さんや大工さんが分かりにくい場合は、稀に作るそうです。)

面白そうだし、簡単そうだし、新居に飾りたいっていうのもあり
僕が作る!と豪語してしまったのが始まりでした。
(実際作ってみると舐めていたなぁ、と痛感しました。)

ブログは書くし、模型は作るし、どんなけ暇なんだっ?
いやいや・・・いろいろ打ち合わせで決め事・調べ事もあったし、
仕事の帰りも遅かったので作り始めるのがとても億劫でした。

でも、2月も終わり頃
「そろそろ手掛けないと本物が完成してしまう!」と
妻にお尻を叩かれ、夜な夜な見たいテレビも我慢し寝る間も惜しんで、
駆け足ぎみで作りましたε~( ̄、 ̄;)

まずは外観を一周(北→西→南→東→上)
image002_20130320225242.jpg image003_20130320225258.jpg image004_20130320225308.jpg image005_20130320225236.jpg
image006_20130320230201.jpg image007_20130320230203.jpg image008_20130320230208.jpg

1階や2階の内壁や階段も作りました。
まぁ多少粗いところはありますが・・・
素人が自己満足目的で作っただけなので勘弁してください(^^;)
image009_20130320230229.jpg image015_20130320230901.jpg

あんまり載せると雑な性格がばれてしまうので、
ちょっと頑張って作った階段の周りだけ
いい感じで写真が撮れたのでアップ。
(手摺の柱が少し倒れてますね・・・)
image034_20130320231906.jpg image032_20130320231914.jpg image033_20130320231926.jpg


次に作成に協力してくれた道具たちです。
imag21002_20130320232606.jpg imag21003_20130320232600.jpg
・スチレンボード(3mm,2mm,1mm)
・カッター(ステンレス製)
・カッター板
・定規(300mmと150mm)
・スプレーのり
・ボンド

道具は一つも持っていなかったので、
何が必要かインターネットで調べ一通り文房具屋で新規に揃えました。

必要だからと特に値段を見ずにレジに持っていってしまったため
店員に「4,500円です」って言われたときには
なっ!?
と、あまりの高さに驚いてしまいました(^^;)

妻に報告したら、やっぱりびっくりした様子で
「完成しなかったらお小遣いから出してね」

ムリムリムリムリ(゚ロ゚)ムリムリムリムリ ム──(乂Д´)──リ!!

月○万円のお小遣で、こんな大金が出せる訳ありません。
こんな背水の陣を敷き(?)、なんとか完成させることができました。

一番苦労したところですか?(聞いてないって?)
やっぱり小さい窓の繰り抜きですね。
あとはその窓のサッシ作り。

よく見ると、結構ボロボロです。
(だからズームアップ写真は載せません。。。)

あと、定規を当ててまっすぐには切れるけど
直角に切るのが難しかったのですが、調べてみるとこんな便利な道具が!
imag21040_20130320232642.jpg
(知らなかった僕が無知なだけかもしれませんが、)「スコヤ」です。
後から買い足しましたが、思いのほか役に立ちました。
ホームセンターで980円・・・さすがにこれはお小遣から出しましたが、つ;)

あと、自腹購入したものは「スチノリ」
imag21044.jpg
僕は初めからこれを探していたのですが、見つからなく
文房具屋の店員聞いたところ、
「スチレンボードは基本紙ですから、何でもくっつきますよ」
と差し出されて購入したボンド。
・・・乾くの遅いし、めちゃくちゃ使いにくい。
ってことで結局、別のお店で購入。

ほんと家作りはお金がかかります。。。

思ったより早くできたので、
また気が向いたら、細かい家具とか、
窓にケーシングみないなものつけて汚いところを直したいです。

本物の家は写真を撮っても部分部分しか撮れないので
模型の写真と比べていただくと分かりやすいかも・・・?
ということで、また登場するかもしれません(^_^)/

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/20 23:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

内壁外壁

だいぶ暖かくなりましたね。
夕方でもパーカーをはおるくらいで十分です。

気温が上がれば、外壁も塗れるようになると聞いていたので、
そろそろかと思い、期待しながら現場へ行ってきました。

imag21113.jpg imag21114.jpg imag21115.jpg

おお~外壁にスイス漆喰が塗られ、
白いおうちになっていました。。。

と、思いきや塗られていたのはこれ↓
P1090143.jpg
下地材だそうです。

MOIS→断熱材→メッシュ&モルタル→下地材→漆喰
外壁もいろいろと手間が掛かっていますね。


そして中へ入ってみると、
内壁のプラスターボードがほぼ全面に貼り付けられ、
黄色い部屋になっていました。
imag21111.jpg

↓写真は今日美容院へ行ってきた妻。。。(^^;)
を1階リビング吹き抜けから2階ワークスペースに向かってとった写真
imag21091.jpg
天井もしっかり黄色い壁が貼られています。

壁下のほうにある穴は、前回のテーマで話した全館空調用の穴です。
↓こんな感じでダクトが通してあります。
imag21045_20130316234101.jpg

部屋のところどころに穴が開いており、
機械室から送風されてきます。
imag21103.jpg imag21104.jpg

全館空調用の穴は本来目立たないように天井につけてもらいたいところですが、
妻が写っている写真では、壁面からリビングに向かって送風されるようついています。
リビングが吹き抜けになっているので全館空調の性能を生かすためには
天井からではなくここから送風するしかなかったようです。

加藤社長としては見た目がお気に召してないようです。
まぁ。。。言われてみればそうかもしれません(´へ`;ウーム


そして壁のいたるところに取り付けたコンセントや電気のスイッチ。
imag21010_20130316234646.jpg imag21009_20130316234644.jpg imag21011_20130316234505.jpg imag21013_20130316234506.jpg

ちなみにこれ、壁ができる前に取り付けをして、
壁を取り付けた後、その部分を繰りぬきます。

どうやってその位置がわかるかというと、、、
真ん中に磁石のようなものがついてるので、後で感知機で位置を当てることができ、
専用の道具で繰りぬくのだそうです。(岐阜にある未来工業という会社のものみたいです。)
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へヾ(・∀・` )ヘーヘーヘーヘーヘーヘー


imag21086.jpg
リビングに設置したデカ窓が少し開いていたので、
試しに開けようとしてみました。

重っ!!┗(-_-;)┛

妻:「私、この窓、開け閉めする自信ないんだけど・・・。」
確かに、男の僕でも、かなり踏ん張らないと開かない。。。

大工さん:「まだ調節してないですからね。」

後からそんな調節までできるのですね(^^;)

家の中も外も着々と工事が進んでいるようです。
ここで言ってしまっていいのか分かりませんが、
4/20,21にオープンハウスをやる予定です。

あと一ヶ月!?
進んでいるとはいえ、まだまだ住める状態には程遠そうだけど、、、
本当に間に合うのですかね(^^)?

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/16 23:07 ] 工事 | TB(0) | CM(2)

全館空調

機械室
imag21004_20130309213226.jpg

前回<ダクト>のテーマで紹介した、
全館空調システムの心臓部である部屋です。
imag21003_20130309213214.jpg imag21005.jpg imag21001_20130309213130.jpg

このダクトだらけの部屋に
さらに下ような機械が搬入される予定です。
クリップボード01
LIFEBREATH社 換気暖房ユニット CAFSeries
(写真はイメージです。実際にはこれの横置きタイプが搬入される予定です。)

機械音が常時発生するため、防音対策に壁面・床・天井全てに
断熱材のセルロースファイバーが吹き込まれています。

防音施工のついでに、僕の器楽室と共有のスペースになる予定ですが
しかし、このダクトの量と搬入される予定の機械のでかさ・・・
やっぱりそんなスペースはなさそうですね(^^;)
家を建てようとする前から夢であった防音器楽室も、
もともと無理があったか・・・(?)と少し現実が見えた気がしました つΔ;)


(話が飛びましたが、)
ご存知の通り、シックハウスの問題などから、現在の日本の法律では、
新築する家には機械による強制換気システムを導入し
24時間換気し続けなければなりません。

その種類には
・第一種:機械吸気、機械排気
・第二種:機械吸気、自然排気
・第三種:自然吸気、機械排気
と3種類あります。

K'z Homeさんの場合は、「第一種換気システム」にあたります。

K'z Homeさんで家を建てる際に
第一に(と言っても過言ではないと思いますが)、決めなくてはいけないのが、
「空調システムをどうするか?」
です。

選択肢は2つ(他にもあるかもしれませんが、聞いてません。)
①熱交換換気システム(HRV)と冷暖房(ルームエアコンなど)を分けたシステム。
②①の換気システムを内臓した冷暖房機を用いた全館空調システム(CAF)。

まず換気システムについてはどちらも同じです。
熱交換というのは、家の内外の空気を入れ替える際に、
せっかく暖めた(冷やされた)空気をそのまま換気しては、
冷暖房効率が悪くなります。
そのため、家の中の空気と外の空気の温度を交換して換気します。
(そのままですね(^。^;))

熱交換の方法も主に全熱交換と顕熱(けんねつ)交換と言われるものがありますが
(専門的な違いはよく分かりませんが、簡単にいうと)
顕熱交換:温度のみを交換する。
全熱交換:温度と湿度を交換する。
このLIFEBREATH社の機械は顕熱交換方式です。

熱交換の効率としては、全熱交換のほうが高く、
日本でも多くのメーカーがこちらを採用しているようですが、
K'z Homeさんは結露・カビの対策から顕熱交換を採用しています。
(ちなみにLIFEBREATH社はカナダの会社です。)

<加藤社長の解説を一部抜粋>
全熱交換は相対する湿度も交換しようとするので、
交換器本体を布や紙のような水分を吸収する素材で造る必要があります。
つまり、熱交換と同時に湿度交換すれば、本体は激しく結露します。
生じた水分は、何処へも排出されず、(運転休止時に?)自然乾燥する(?)

顕熱交換は温度のみを交換するため、
本体の素材はアルミ合金性で結露はあくまで外部にします。
結露で生じた水分は、ドレン管を通して外部に排出されます。



さて、、、難しい話は、置いておいて、
2つの空調システムのうち、我が家が選んだのは、
前述の通り「全館空調システム(CAF)」

これを導入することに対してはだいぶ悩みました。
何よりもイニシャルコストが高い。
この機械本体に加え、家中に蔓延るダクトとその施工費。
設計料にも少し関わってきます。
導入費用だけで、車1~2台買える値段になります(^^;)。

それだけの費用に見合った効果が得られるのかが悩みどころでした。
実際ルームエアコンで施工しているOB宅へ訪問したこともありますが、
全く問題なく快適に過ごせているようでした。


それでも、全館空調にしようと決め手になったのは次の理由。

P2224210.jpg
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


1.全室、温度湿度が一定に保たれ快適。  
我が家は、1階のLDKにリビング吹き抜け・リビング階段と
1階と2階の仕切りが全くない開放的な空間を作りたかったことがあります。

ルームエアコンの場合、それが設置されている場所で
室温を感知し調整しています。

当然暖かい空気は上へ冷たい空気は下へ移動しますので
エアコンの設置位置と居場所によって温度差が出てきます。

全館空調の場合は、全ての場所で一定の温度になります。
吹き抜けなどで、「冬1階が寒い」というのを聞いたことがありますが
その心配もないと言う訳です。
また、冬の風呂上りのヒートショックの心配もありません。


2.ランニングコストが思ったほど高くない。
戸建住宅に住んで光熱費を計ったことがないので、まだ分かりませんが、
OB訪問などで、お話を聞く限り、24時間つけっ放しをする割りに
それほど高くはないと言う印象でした。
家中の温度を一定にすることで、過度に暖めたり・冷やしたりする設定が
不要になるからということです。
各部屋ルームエアコンを取り付けて、
それぞれがスイッチをつけたり、消したりしている方が
ランニングコストとしては高いかもしれません。
  
(ちょっと話がずれるかもしれませんが)
CAFの暖房方式は「ヒートポンプ式」と「温水を利用した方式」があります。
もともとCAFはカナダの寒冷地の暖房目的で作られた機械で
ガスが主エネルギーでしたが、
ガスよりも電気のほうが料金が安く、日本の場合カナダほど寒くないので
ヒートポンプ式でも十分な暖房が可能でした。

そして、これは最近変わったことですが、
いま、東邦ガスの「床房トクトク料金(家庭用床暖房契約)」
というサービスがありますが、CAFは床暖房ではないのでサービスの対象外でした。
でも加藤社長の懸命な交渉により、ガス給湯を全館空調システムに
利用してもサービスの対象になったそうです。
(ちなみに加藤社長の家はガス給湯式の暖房だそうです。自分のでもありそうです^^? )

我が家は給湯システムに「ハイブリット給湯器」の導入を悩んでいたのですが
CAFの暖房はガス給湯機を利用した温水式の暖房にすることで
給湯機の利用価値が上がり、料金もヒートポンプと同等か若干安くなるか
といったところで導入することに決めました。

とは言っても、前例がなく、
どのくらいのコストになるのかは出たとこ勝負です(^_^;)

また、実験台になって、その効果をお伝えしたいと思います。


3.ルームエアコンなどを設置する必要がなく、
  インテリア的にスッキリとする。

ダクトスペース確保のため、部屋や天井がデコボコしたりしますが、
それと、どちらがいいかは人それぞれかと思います。
せっかく、自然素材に拘って、ナチュラル・カントリー・アンティーク調のうちを
目指すなら、あの白く大きなエアコンが目立つのはちょっとなぁってことで
ルームエアコンには少し抵抗がありました。
(思うに・・・妻にとってはこの理由が一番大きかったのではないか?)

4.「全館空調」という言葉がかっこいい
これは、ミーハーな僕の主観です。


そして後一つ、特筆することとして、オプションにはなるのですが
「加湿ユニット(写真左)」と「空気清浄ユニット(写真右)」
ds_img1.jpg tfp_img1.jpg

「加湿ユニット」は、今も冬はエアコンと加湿機を基本つけっ放しにしているし
湿度により体感温度が全く違うので必須と思い迷いもなくつけました。

でも、「空気清浄ユニット」は24時間換気して新鮮な空気を取り入れているんだから
べつにいらないんじゃ?と思っていましたが、

加藤社長:
「湿度の高い日本の夏に28度程度の冷房は、
カビの繁殖を促すことになり、空気中のカビ菌、雑菌を
漏れなく部屋中に送ってしまいます。
知多半島で全館空調をする場合は、空気清浄機は必需と考えなければなりません。」

年に一度フィルターの交換をするなど、これにもコストがかかりますが
カビを部屋中に送られてはたまらないと仕方なくつけることになりました。

でも、最近ニュースで騒がれている、どこぞの国の「大気汚染問題」。

こんなニュースを聞くと取り付けておいてよかったなと思います。
この空気清浄ユニットはカナダやアメリカで医療機器としても認定されている代物。
フィルターも今流行り(?)のHEPAフィルターを使用する予定です。


長くなりましたが・・・
せっかくの高断熱・高気密で施工されたおうち。
省エネでエコ・健康な生活ができなければ意味がありません。
イニシャルコストは無理しましたが、それ以上の快適さを期待しています。
o(((*`・Д・´*)))o ガンバレヨ!!


P2224274.jpg
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

読んでいただきありがとうございました。m(_ _)m
[ 2013/03/09 21:41 ] 工事 設備 | TB(0) | CM(3)

玄関前

前回とあまり変わらない、家の正面の写真
imag21033.jpg


玄関に近寄ってみると、少し様子が変わっていました。
imag21003_20130305222741.jpg


玄関庇の裏側にパイン材が貼り付けられています。
imag21007_20130305223519.jpg

貼り付ける木は外なのでレッドウッドの方が
いいんじゃないかと話あっていましたが、
雨に当たることはないし、安いのでパインにしました。
ただ、虫に喰われる恐れはあるので防虫処理はしてもらいます。


柱の上部はアーチ状にしています。
imag21009_20130305222740.jpg imag21014_20130305222741.jpg imag21028_20130305224406.jpg

このアーチを作っている材料って断熱材のEPSボードでしょうか?
確かに発砲スチロールみたいで加工しやすそうですけど。
こんな使い方もあるんですね(^_^)

柱には雨にも虫にも強いレッドウッドで巻く予定です。

玄関は家の顔になるので、どのようにしようかだいぶ悩みました。
加藤社長にも名案も出して頂き、この玄関のビューと家の中の一部を揃える予定です。

どんな顔になるか、楽しみです(^o^)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/05 22:56 ] 工事 外構 | TB(0) | CM(0)

打ち合わせも終盤?

3/2(土)
久しぶりに家の中を見ることができました。

妻にはこまめに寄ってもらい、写真では見ていましたが、
やっぱり実際に見たほうが、工事が進んでることが実感できます(^^)

扉も引き戸はほぼ全て取り付けられていました。
(↓子供部屋の扉。真ん中に壁や扉をつけて後で2つに分けられるようにしてます。)
imag21047.jpg imag21058.jpg

窓にも木で縁取りがされていました。
(ケーシングといいます。)
imag21042.jpg imag21064.jpg imag21062.jpg

予備のトイレットペーパーを置いておくニッチ(二個収納可)
imag21008_20130304224706.jpg


(話は変わって)午前中 K'z Home事務所にて打ち合わせがありましたが、
内容もそろそろ全体的な仕上げを決めるところまで来ています。
主な内容は次のこと。

・内壁の色と塗り方
・ダウンライトなど(メイン照明以外の)決定
・玄関ドアの色
・目立つ柱やキッチンカウンターの天板の色など。。。

毎晩のように妻と2人で本やインターネットで調べながら
ああしよう、こうしようと話合っていましたが、
もう決めることそれだけしかないの?って感じです。

加藤社長も成田さんも、だいぶ余裕ができてきたのか、
今まで以上に雑談も弾んでる感じがします。
(2時間の打ち合わせのうち半分は本題以外の話をしている印象です(^^;)。)

そして、打ち合わせ終了。
次回の日程は3週間後、内容は庭木を決める予定。

帰宅途中。
「なんか、打ち合わせることがなくなってきて少し寂しくなったね」
などと話しながら
妻:「そういえば、トイレの洗面ボール決めなくて良かったのかなぁ?」
(っていうかトイレもまだ決まっていません。。。)

早速、加藤社長に連絡。

加藤社長:「あぁ、決めなくちゃダメですね。今日午後来れますか?」

そして午後、加藤社長の打ち合わせの合い間
30分で洗面ボールとトイレを決定。
(まだ二階のトイレが決まっていませんが・・・)
次の打ち合わせの方が来られたので
キッチンの引き出しにつける取っ手のカタログをもらって慌しく終了。


その後、現場へ行った訳ですが、
妻:「トイレの床タイルって決めたっけ?玄関のタイルは?」

・・・決まってません。

加藤社長:「(電話で)次回決めましょう!」


そろそろ引越しの予約をしなくちゃいけないので、
完成見学会と引渡しの日程も決めましたが、
まだまだ、決めなくてはならないことが出てきそうです。

最後に、なりましたが
外壁北側もモルタルが塗られグレーのおうちになっていました。
imag21021.jpg
そろそろ暖かくなってきたので、外壁の仕上げも塗ることができるそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
[ 2013/03/03 23:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。