家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

設計契約をします(part 2)

成田さん曰く「ハルハルさんの要望を適えると、(加藤社長がいうところ)ざっと(ほんとにざっと)X,XXX万円くらい建築費がかかります。うちは基本その※%を設計料として頂いてます。少し値引きして、XXX万円くらいでどうでしょう?」

建築見積もり価格、その設計の報酬の料率、ざっくり過ぎて、どうしていいのか分かりませんでした。(;_;)
・・・「てか、うちは家の建築費だけにX,XXX万円なんて払えませんよ・・・(それに要望はなにがなんでも全部取り入れてなんていった覚えもないし・・・)。」

要望は伝えるだけ伝えたものの、予算は限られた中でやらなくてはなりません。
もともと要望全てが予算内で収まることはないだろうなと思いつつ夢の希望を出していたため、オーバーしたら優先順位決めて削っていくことも止む無しと考えていた矢先、こんな「ざっくり建築費見積もり」から「設計料」が決まってくるなんて。


そして、初めてそれを聞いて、この場で契約するの・・・?と戸惑ってしまいました。

経験豊富な建築のプロが図面を見ておおよその概算を出すのは慣れたものかも知れないけれど、「XXX万円です。」と言われ「はい。分かりました。」とハンコ押せる人はなかなかいないでしょう(?)。

この場で設計料をもう少し安く抑えるためには、「ざっくり建築費見積もり」を数百万の単位で落とさなくてはなりません。(設計料を安くというよりもこの「ざっくり建築費見積もり」を何とか削り落とさなくてはならないのですが)
かといって、既に夢の詰まった図面を見て、有頂天になっていた二人。なかなか、あれこれ削っていいよ、など言えるはずもありません。クローゼット一つ削ってといったところで、多くて数十万円、そんなの建築段階の最終調整にしか過ぎないためもっと大きな視点で施工面積を減らさなくてはなりません。


1時間くらい議論の結果、2Fの雨天時用の物干しスペース、ベランダをなくす、LDKの間取りの凹凸をフラットにすることで狭める、などでトータル10㎡ほどカットすることでもう一度案を考えて頂くことになりました(基本的に部屋数などはそのまま)。設計料はその10㎡分にかかるであろう費用を差し引いてもらい契約成立。

世の中のあらゆる商品やサービスへ払う対価、値段なんてあってないようなものも数多くあると思いますが、自分が納得いけばそれはそれでありかと思います。

しかし今回ほどどのくらいの労力を要するのか分からず、しかも目に見えないものに対する報酬、納得するも何もなく、高いのか安いのか全く分かりません。

とは言え一度ハンコを押してしまった契約書。もう後には引けません。(引くつもりもありませんが。。。)

これから納得いくほどの要求をしていくしかないのでしょうね。


この日は雑談も含め13~16の約4時間の打ち合わせ。
しかし、じっくり考える時間があまりなく、展開が早いなぁというのが正直な感想です。
打ち合わせの場で考えるよりも、前もって言いたいことは準備しておかなければ。
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 23:11 ] プラン | TB(0) | CM(0)

設計契約をします。

要望を思いつく限り伝えてから約2週間、お待ちかねの「間取り」案ができたということと、「設計契約」を結ぶために昨日打ち合わせに行って来ました。

間取りを考えたり、今後詳細な設計を手がけてくれるのはNARUTA建築事務所の成田さん(一級建築士)。
(K'Z HOMEさん自身は設計を手がけていない工務店で、設計は主に(全部?)NARUTA建築事務所さんが行ってくれます。)

打ち合わせは、成田さんとK'Z HOMEの社長である加藤さん、そして僕と妻の4人。

間取り図は2つ作ってもらったのですが、さすがプロ。
要望も忠実に取り入れられ、そして無駄なくスッキリ!一回目でこんなに思った以上に「グッ!」とくるとは思いませんでした。
僕や妻も2人でああでもないこうでもないと図を書いては議論しあっていましたが、その図面を見て、僕らの案なんて一蹴。
(なんて無駄な時間を過ごしていたのだろう・・・。)

その原案を元に、これから少しずつ修正していきます。

それについて書くのは後の楽しみとして、本日の打ち合わせのもう一つの目玉である「設計契約」。

以前、加藤社長と(打ち合わせとは別で)雑談をしていたとき、「先に設計契約だけは結んであげてください」と言われていました。
もっとも、K'Z HOMEさんとNARUTA建築事務所は別会社であり、家の建築費とは別に「設計料」が掛かることは以前から知っていたけど、自分と建築士とが直接設計契約を結ぶことは、実はそのときまで知りませんでした。

(うちが施工の依頼をするのはK'Z HOMEさん。そのための間取りや設計図をK'Z HOMEさんからNARUTA建築事務所さんへ委託。そのため、設計料を含めたお金をうちがK'Z HOMEさん払うものかと思ってました。)

普通、ハウスメーカーなどに依頼するときは(一度もハウスメーカーに見積もり依頼をお願いしたことがないので多分ですが)、初期に間取り図やプランの提示は無料で行ってもらい、何度か調整し結果、そこから概算がでて納得してからから契約へという形になるかと思います。

まぁ建築士と契約する場合も、払うタイミングが違うだけで、いずれは払わなくてはならないお金なので概して抵抗のある話ではないのですが、まだ何も見せてもらっていない段階で契約の話が先となると、少し構えてしまいます。

また、この「設計料」、相場がいくらなのか?というのは建築士さんに依頼して建てたいという人は結構気になるところではないかと思います。

そして、素晴らしい間取り案を聞いてすっかり新生活の妄想に入りかけていた頃に話しは設計契約へ。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


続く



[ 2012/10/28 22:21 ] プラン | TB(0) | CM(0)

住宅ローン

まだちょっと先の話で考えたくはないけれど、避けては通れない住宅ローン。


以前に、Iハウスと資金計画の相談をさせてもらったときに、「仮審査」みたいなものは通ったので、一応僕自身も妻も住宅ローンは借りることはできるらしい。


聞くところによると、この国には住宅ローンの種類がなんと5000種類もあるらしいです。

公的ローン or 民間ローン
固定金利 or 変動金利
元利均等返済 or 元金均等返済
各金融機関の金利優遇サービス
ローン保証料の有無
繰上げ返済の手数料有無

etc...

思いつくだけで、たったコレだけしかないのに、5000種類っていったい・・・?


そもそも、僕らが、このタイミングで家を建てようと思ったきっかけは、
「水漏れしてカビが生えているのに、悪い顔一つしない大家が管理している古くて狭くて趣味の悪い壁紙のアパートなんてもうまっぴらだ~~っ!!」
というのもありましたが、

①頭金がある程度貯まってきたこと
②2014年に消費増税が決まったこと(5%→8%)
③2013年中に住まなくては住宅ローン減税制度が受けられないこと。
④この超低金利もそろそろ底値だろうという予測。
⑤震災復興に伴う住宅建材の需要高による建築費上昇の心配。
⑥円高により輸入建材や家具が安くならないかなぁ~という期待。

とお金の条件が大半であるような気がします。


しかしこの住宅ローン、5000種類もある中から最終的に一つ選ばなくてはならないけれど、中には触れてはいけない爆弾も潜んでいます。

まず、固定金利か変動金利かの選択一つで今後の景気動向次第では、返済額に何百万円、あるいは何千万円の差だって出てきます。

上の①~⑥が全て適ったって、せいぜい2~3百万得するかなってくらい(まぁ、大きいですが)であっという間に消えてしまいます。

そう思うと、国策に惑わされて、何の資金計画も立てずに「今だっ!」って一生の家を決めてしまう人がいたら
「ちょっと待った!!」って感じです。

仮に2000万の借入をし35年で返済するとして、金利3%と4%ので総返済額をシミュレーションしてみると、
3%の場合:¥32,327,400
4%の場合:¥37,192,680
とその差額:約480万円!!

まだ、プランニング中で見積もりもなにも出ていませんが、予算が合わずにいろいろ削ったとしても、一瞬で相殺です。

一般的に
金利が高い時には「変動金利」
金利が低い時には「固定金利」
というセオリーに従えば、手堅く「固定金利」を選択するのでしょうが、
瞬間的な時期を除くと、変動金利が固定金利を上回ったことがないとのことです。

意見も、人によってはまったく正反対。

しかし、住宅ローンも所詮は金融商品、株や博打と大差ないのかもしれないです。
何が起こるか分からない世の中、その道のプロでも外すのですから、誰も正解なんて分かりません。

まぁ、株や博打のように「運次第でこっちが儲かる」なんてことはまずないのだろうけど。
ただ、いろいろ知ってて損をするのと、何も知らずに高い金利払うのとは訳が違います。
(ひょっとしたら、何も知らずに高い金利払ってるほうが幸せかも?)

ということで、今度、銀行の住宅ローン相談会へ行ってきます。

「金貸しに金のことを相談するな!」

なんて言われますが、金貸しが儲かるためのお勧め商品はどんなものかを知るのも必要だと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[ 2012/10/22 22:33 ] お金 | TB(0) | CM(0)

青写真

プランニング待ちということで、次の打ち合わせまで少し時間が空いてしまいました。

今まで駆け足気味で打ち合わせ・見学会等に行っていたので、ちょっと冷静になってじっくりとやりたいことを考え直すいい機会だなと思います。

ちょうど、ブログも字ばかりではツマラナイと妻からも指摘があったこともあり、今ぼんやりと描いているものを気に入った写真を使って書いてみます。。

コンセプトは
スッキリ、ナチュラル、シンプル。可愛すぎない感じ (by 妻)
もったいないくらいの開放感 (by 僕)

●外観
外観3

白漆喰壁に木枠の窓。
形もシンプルに(コストも抑えられるし)

●リビング
リビング
2階フリースペース
梁や柱を見せて、木の家の雰囲気を醸し出します。。
リビングと2階のフリースペースを吹き抜けでつなぐ。
多少狭くても、空間的に広く開放的に感じられるはず。
個々の部屋にこもっていても存在は感じられるようにしたい。

●キッチン
(僕よりも妻のほうがきっとこだわりがあるので、後ほど、貼り付け。)

●お風呂
お風呂
できれば、木壁のお風呂がいいけど、高いだろうなぁ。。。
まぁ、人に見せることもそんなにないし、そこまでこだわりがある訳じゃないので、予算的に許せば。

●トイレ
トイレ
木壁の落ち着いた雰囲気。かわいい流しがあるのがいいですね。
僕はちょっと広めがいいのですが、「トイレ広くしてどうするの?」が大半の意見みたいです。
でも、立ち上がったときに、顔と壁が近すぎるのがどうも好きじゃないです。


ちょっとずつ、気に入ったものがあったら覚書としてでも、載せていこうと思います。

あとは、完成したときに、今の希望とのギャップを見返すのも楽しいのかもしれません。

[ 2012/10/19 22:35 ] プラン | TB(0) | CM(0)

OB訪問

まずは、お休み中にも関わらず、快く私たちの訪問を受け入れてくださった、K'Z HOMEファミリーの皆様、
ありがとうございましたm(_ _)m

K'Z HOME 加藤社長にお願いして、6軒(K様邸には2回)のお宅を訪問させていただきました。
加藤社長、各お宅への案内と解説、ありがとうございました。

コンダクター付きの無料ツアーのようで、とても楽しかったです。

本当ならもっとたくさんのお宅の訪問したかったのですが、時間の都合上行けなかったのが残念です。

でも、それ以外のOB様宅も、個人的に、外観だけはしっかりと見させていただきました。
家の前に、なにやら怪しい車が停まって、じろじろ見られていると思われた方もいたかもしれません。
次はあなたのお宅へお邪魔するかも・・・(^^ ?
(もし、気分を害していたら申し訳ありません。)


どのお宅も素敵なおうちばかりで、オーナー様たちの話を聞いていても、みんな自分の家が大好きなんだろうなと伝わってきました。皆さんの家のイイトコドリをして建てたい気分です。
K'Z HOMEさんに決めて正解だったなと。まだ建てる前から感じております。(50年後にも思っていますように)


また、施工中にもそれぞれのお宅で、いろいろなドラマがあったんだろうなぁと垣間見えるお話も伺い、とても今後の参考になりました。

これから家を建てようとしている方、OB訪問は是非することをお勧めします。

いろいろな工務店の完成見学会に参加したり、OB訪問をさせていただきましたが、「やっぱりK'Z HOMEさんだな」と感じたのは、いざ、本物の家を見比べてみると「何か違う」と感じます。
あまり言葉では言い表せませんが、ちょっと古い表現だと「ビビビッときた!」ってやつだと思います。


<神は細部に宿る> (注)

「細かくこだわった細部こそが作品の本質を決める」
きっとK'Z HOMEさんは細部にまで拘って作っているのかと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


(注) 加藤社長の受け売りの言葉です。
[ 2012/10/16 22:58 ] 調査 | TB(0) | CM(2)

要望事項

K'Z HOMEさんは高い。

社長が自らブログでそう言っているからきっと高い。
自分たちがまだぼんやりとしか描いていない夢を全てかなえるといくらかかるんだろう・・・


そんな不安をよそに、とりあえず思いつく限り取り入れたい要望をA4用紙2枚くらいにまとめ、
あとは、雑誌の切り抜きや、外観が気に入った、どなたかのお宅を勝手に撮影した写真をスクラップしたものを持参。


やっぱり構造は、これぞ「木の家」って感じを出したいから大黒柱や梁を出した「軸組み工法」がいいな。

あの、OB訪問で体験した「全館空調システム」をうちにも取り入れたい。

ちょっと狭くてもいいから「防音室」を作っていつでも誰にも気兼ねなくギターを弾きたい。

お風呂もユニットじゃなく「木のお風呂」にして毎日の疲れを癒したい

「インナーガレージ」なんかにも憧れる。

などなど、ちょっと贅沢な夢も伝えてみた。


仮に、この上の要望をプランの中に入れると(正確に試算してもらったわけではないけど)
予定している予算の約半分はかかってしまう勢い。
(自然素材(無垢の木・漆喰)・高断熱・高気密といった基本的な作りだけでもきっと高いだろうに。。。贅沢設備なんか入れられるのか?)


「在来軸組み工法」は、工場で材料を揃えて現場で組み立てる「2X4工法」に比べて、職人さんの手間も技術も必要らしく、総見積もり価格で1割くらい変わってくるらしい。。。

じゃぁとりあえず、柱と梁は、飾りの「見せ」でプランを。。。

全館空調を取り入れるとどのくらいかかるの?
⇒家の大きさなどにもよるけど、○○○万円くらい。

あっそう。。。結構いい車が買えます。
(とりあえず、僕だけの要望である防音室はおあずけか。。。?)

そんなこんなで、一応、全ての要望を入れてもらい間取りを考えてもらいます。
次回、概算見積もりがでてくるのかなぁ?


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[ 2012/10/10 22:52 ] プラン | TB(0) | CM(1)

工務店選び

という訳で、工務店を2社に絞り打ち合わせを進めていこうとした訳ですが、
この「Iハウス」と「Kホーム」、素人目で見ると家の構造や、クライアントよりのいい家を建てようという考え方がすごく似ており、優劣つけがたくすごく悩みました。

8月の中旬より、2社の工務店との打ち合わせや、各社で建築した家の構造見学会・完成見学会・OB訪問、または住宅セミナーに参加をし、約一月半悩んだ結果・・・。

K´z Home(ケーズホーム)様に依頼することを決断しました。
特に匿名にする理由もなく、仮に読者がいれば宣伝にもなると思ったのでので公開します。ただ変なことを書くと怒られるかも知れませんね(^^;



こちらの工務店さまを選んだ理由はザッと下の通り。

・完成見学・OB訪問時の家の雰囲気
長く飽きのこない内装と外観。
無垢材のみで施工する工務店は数あれど、他の家と比べると何か重みみたいなものがあり、全体としてどっしりとした雰囲気でしっかりと作ってある感が伝わってきます。


・地域密着
家は文化といいます。その時代・土地にあった家というものが存在しています。この知多半島のことを熟知し地域密着型でこの土地にあった家を建ててくれそう。
また、何十年と暮らすための家、当然メンテナンスも必要になってきます。問題があったときにすぐに聞けて、駆けつけてくれるような存在がいると思うと安心です。


・基礎断熱と地中熱利用
Iハウスをはじめ、多くの工務店の基礎は「基礎パッキン工法」といって、基礎と土台の間にパッキン(硬化ゴムみたいなもの)を一定間隔で挟み込み、床下の通気性を良くしていますが、ケーズホームさんは基礎まで断熱を施し床下は機械換気しています。
知多半島の地中熱は年間を通して約17℃くらいらしく、17℃と言えば、夏は涼しく、冬は温かく感じる温度。基礎を断熱することで、外気の影響を受けなくなり、地中熱の温度とほぼ同じになります。その快適温度となった基礎からの熱が家中に伝わることによって、涼しく(または温かく)なり、エアコンの省エネにもつながります。また、基礎自体も外部から守られコンクリートのひび割れなどが防げます。


・全館空調システム
「できるだけ、エアコンを使わない家」を理想としていましたが、OB訪問時のその快適さに負けました。仮にルームエアコンを設置したとしても、ランニングコストを考えると、長い目で見ればそんなに大差ないのかなぁ・・・?
ルームエアコンのない、内装のすっきりさも利点です。


・社長がとても信頼できる。
ハウスメーカーなどの営業などではまず語れないであろう、家の工法や構造における内容を、我々素人にもとても分かりやすく説明してくれます(上の「基礎断熱」しかりです)。とても家作りに自信があることが感じられます。(その解説ップリはおいおい書いていきます)
また、OB訪問時にも各家庭さまと社長のやり取りを聞いていると、信頼関係を感じます。
わがままも(聞いてくれるかは分かりませんが)とても言いやすそうです。(^_^)


Iハウスに出来なかったことの心残りもあるのですが、それはまた機会があれば書いていこうと思います。
[ 2012/10/08 11:43 ] 工務店探し | TB(0) | CM(2)

情報収集

幸いうちは土地には恵まれていたため、我が家の第一歩は家造りパートナーである工務店探しからはじまりました。


さて、この愛知県内にもいくつあるのか分からない多数の工務店からどうやって選ぼうか?


とりあえず「東海の注文住宅」という雑誌を購入し、気になった工務店・ハウスメーカーがあれば付箋をべたべたはりまくり。

僕自身、新築を考え始めた当初はあまり拘りがなく、どうしても外観や内装に注目しがちで、あえていうなら高断熱・高気密。省エネでエコな家がいいと言う程度。


もちろん妻の方もそれは前提にはあったと思うけど、どうも断熱工法に拘りがあるらしく、出てきたキーワードが
セルロースファイバー
そういえば、何年か前から数回に及び訪れていた「Kホーム」の完成見学会でも見たことがあり、社長さんが熱心に語ってくれていたなぁ。
当初はただの新聞紙を細かく切り刻んだだけの安価なわりには十分な性能がある断熱材程度のものかと思っていたけど、断熱性のみならず調湿性、防音性など優れた性能を持ち、充填断熱材としてはかなり高価であったということを後になって知りました。。。

なるほど、有名な大手ハウスメーカーやローコストメーカーの広告の中には出てこない訳だ。
(しかし、工務店選びをそんなところからしている妻はいったい何者なんだ。)

ということで、この断熱材を真正面に売りにしている工務店はそれほどなく、だいぶ的を絞って探すことができました。

結局この「東海の注文住宅」からは3社ほどから資料請求しその中の「Iハウス」のショールームを見せて欲しいとアポをとったことをきっかけに、いつの間にかIハウスとの打ち合わせが開始されていました。

家を建てるに当たって見積もり依頼をするのが一社だけでは本当にそこでいいのか判断が難しいです。
そこで、何度も見学会に参加させてもらい気になっていた「Kホーム」の話も聞いてみよう、ということで結局「Iハウス」と「Kホーム」の2社と同時に打ち合わせを進めていくことになりました。
[ 2012/10/06 23:27 ] 工務店探し | TB(0) | CM(2)

家つくりのきっかけ

一般サラリーマンにとって一世一代の大仕事(だと思う)マイホームを建てることになりました。

もともと「早くマイホームが欲しいなぁ~」と漠然とだけど考えており結婚当初(現在5年目)からいろいろなチラシが届いては、完成見学会などにも足を運んでました。

資金作りのために安いアパートに引越し、お小遣いも減らし、
そろそろ、頭金もたまってきたかな~というタイミングで
昨年9月に第一子(男)が誕生。
狭いアパート暮らしも限界と思っていたところアパートで起こった水漏れ事件がさらに拍車を掛けました。
(詳しく書くつもりはないけど、面倒くさい事件でした。)

まぁ、きっかけは何の変哲もないことです。

よく「納得のいく家は建てるには3回建てなくてはならない」というのを聞きます。どういう意味で3回なのかは諸説あるようだけど、どう転んだって、自分に3回も家が建てられるほどの甲斐性があるとは思えない。。。
(言い切るのも複雑だけど)

ということで、2度も妥協・後悔して、壊してしまう家を建てるよりも、(多少お金がかかっても)一発勝負でいい家を建てよう!ということで、住宅建築の構造から住宅ローンなどの本も読みあさり、住宅セミナーなんかにも参加しました。
まがいなりにもIT関連企業に勤める自分が、情報処理資格を取得するときよりも
熱心にいろいろな本を読んだと思います。
(それでも自分なんかより妻のほうがよっぽど熱心でしたが。。。)

一生に一度だと思われるマイホームの新築。せっかくなので、記録に残したいなぁと思い、筆不精の自分がブログなど始めてみました。

できるだけ、勉強したことも踏まえつつ、読者(がいれば)にも参考になる日記が書けたらなぁと思います。


[ 2012/10/04 22:58 ] プロローグ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。