家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

工務店選び

という訳で、工務店を2社に絞り打ち合わせを進めていこうとした訳ですが、
この「Iハウス」と「Kホーム」、素人目で見ると家の構造や、クライアントよりのいい家を建てようという考え方がすごく似ており、優劣つけがたくすごく悩みました。

8月の中旬より、2社の工務店との打ち合わせや、各社で建築した家の構造見学会・完成見学会・OB訪問、または住宅セミナーに参加をし、約一月半悩んだ結果・・・。

K´z Home(ケーズホーム)様に依頼することを決断しました。
特に匿名にする理由もなく、仮に読者がいれば宣伝にもなると思ったのでので公開します。ただ変なことを書くと怒られるかも知れませんね(^^;



こちらの工務店さまを選んだ理由はザッと下の通り。

・完成見学・OB訪問時の家の雰囲気
長く飽きのこない内装と外観。
無垢材のみで施工する工務店は数あれど、他の家と比べると何か重みみたいなものがあり、全体としてどっしりとした雰囲気でしっかりと作ってある感が伝わってきます。


・地域密着
家は文化といいます。その時代・土地にあった家というものが存在しています。この知多半島のことを熟知し地域密着型でこの土地にあった家を建ててくれそう。
また、何十年と暮らすための家、当然メンテナンスも必要になってきます。問題があったときにすぐに聞けて、駆けつけてくれるような存在がいると思うと安心です。


・基礎断熱と地中熱利用
Iハウスをはじめ、多くの工務店の基礎は「基礎パッキン工法」といって、基礎と土台の間にパッキン(硬化ゴムみたいなもの)を一定間隔で挟み込み、床下の通気性を良くしていますが、ケーズホームさんは基礎まで断熱を施し床下は機械換気しています。
知多半島の地中熱は年間を通して約17℃くらいらしく、17℃と言えば、夏は涼しく、冬は温かく感じる温度。基礎を断熱することで、外気の影響を受けなくなり、地中熱の温度とほぼ同じになります。その快適温度となった基礎からの熱が家中に伝わることによって、涼しく(または温かく)なり、エアコンの省エネにもつながります。また、基礎自体も外部から守られコンクリートのひび割れなどが防げます。


・全館空調システム
「できるだけ、エアコンを使わない家」を理想としていましたが、OB訪問時のその快適さに負けました。仮にルームエアコンを設置したとしても、ランニングコストを考えると、長い目で見ればそんなに大差ないのかなぁ・・・?
ルームエアコンのない、内装のすっきりさも利点です。


・社長がとても信頼できる。
ハウスメーカーなどの営業などではまず語れないであろう、家の工法や構造における内容を、我々素人にもとても分かりやすく説明してくれます(上の「基礎断熱」しかりです)。とても家作りに自信があることが感じられます。(その解説ップリはおいおい書いていきます)
また、OB訪問時にも各家庭さまと社長のやり取りを聞いていると、信頼関係を感じます。
わがままも(聞いてくれるかは分かりませんが)とても言いやすそうです。(^_^)


Iハウスに出来なかったことの心残りもあるのですが、それはまた機会があれば書いていこうと思います。
スポンサーサイト
[ 2012/10/08 11:43 ] 工務店探し | TB(0) | CM(2)

情報収集

幸いうちは土地には恵まれていたため、我が家の第一歩は家造りパートナーである工務店探しからはじまりました。


さて、この愛知県内にもいくつあるのか分からない多数の工務店からどうやって選ぼうか?


とりあえず「東海の注文住宅」という雑誌を購入し、気になった工務店・ハウスメーカーがあれば付箋をべたべたはりまくり。

僕自身、新築を考え始めた当初はあまり拘りがなく、どうしても外観や内装に注目しがちで、あえていうなら高断熱・高気密。省エネでエコな家がいいと言う程度。


もちろん妻の方もそれは前提にはあったと思うけど、どうも断熱工法に拘りがあるらしく、出てきたキーワードが
セルロースファイバー
そういえば、何年か前から数回に及び訪れていた「Kホーム」の完成見学会でも見たことがあり、社長さんが熱心に語ってくれていたなぁ。
当初はただの新聞紙を細かく切り刻んだだけの安価なわりには十分な性能がある断熱材程度のものかと思っていたけど、断熱性のみならず調湿性、防音性など優れた性能を持ち、充填断熱材としてはかなり高価であったということを後になって知りました。。。

なるほど、有名な大手ハウスメーカーやローコストメーカーの広告の中には出てこない訳だ。
(しかし、工務店選びをそんなところからしている妻はいったい何者なんだ。)

ということで、この断熱材を真正面に売りにしている工務店はそれほどなく、だいぶ的を絞って探すことができました。

結局この「東海の注文住宅」からは3社ほどから資料請求しその中の「Iハウス」のショールームを見せて欲しいとアポをとったことをきっかけに、いつの間にかIハウスとの打ち合わせが開始されていました。

家を建てるに当たって見積もり依頼をするのが一社だけでは本当にそこでいいのか判断が難しいです。
そこで、何度も見学会に参加させてもらい気になっていた「Kホーム」の話も聞いてみよう、ということで結局「Iハウス」と「Kホーム」の2社と同時に打ち合わせを進めていくことになりました。
[ 2012/10/06 23:27 ] 工務店探し | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。