FC2ブログ

家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

部屋の温度

家の完成引渡し時に、K'z Homeさんから頂いた
ワイヤレス温度・湿度計。
image001_201401142335167af.jpg
子機を室外に置いても手元でその温度・湿度が確認できます。

気圧から天気も予測してくれ、機能的にはとても便利なのですが、
ただ・・・写真でお分かりのように
本体と子機を並べて置いても若干のズレがあります。

まぁその程度の精度であることは御愛嬌。

ところで、前回のブログで、
全館空調のおかげで部屋のどこにいても、
何時になっても、家中全く寒くありませんといったことを書きました。

開放的空間をコンセプトに、
リビングに大き目の吹き抜けを作った我が家ですが、
吹き抜けを作ると、一般的に冬一階が寒くなると言われます。

ということで、精度はイマイチですが、
頂いた温度・湿度計でリビングとその上部を計ってみました。

まず、↓は全館空調機のリモコンです。
このリモコンの位置で家の温度を感知し
空調機をコントロールしています。
クリップボード01
設定温度は通常21.5℃にしてあります。
当然このリモコンの位置での温度は21.5℃となります。

じっと座ってテレビを見ていると少し寒さを感じることもありますが、
まぁ、少し上着を羽織ればまったく問題ないです。
逆に、動けば、少し暑さを感じるくらい。

↓写真のように温度計を配置。
image019_20140114233514aa9.jpg
ちなみに空調機のリモコンは写真に向かって
キッチンの左手の方に設置されています。

左から 午前10:30頃 午後3:30頃 午後10:00頃
image025_20140114231150941.jpg image030_20140114231151375.jpg image031_20140114231152595.jpg
温度計の上の値がリビング、下の値が吹き抜け上部。

(なんども言いますが・・・)精度のイマイチな温度計ですが、
本体と子機を真横に置いておいても、子機のほうが低めの値を示していましたので
ほぼ、同じ温度であると言ってよいのではないでしょうか・・・<(^^;)

ただ、夜になると、若干一階の測定位置の温度が下がります。
それは体感もしていますが、写真のソファー横のはきだし窓はペアガラスです。
image013_20140117231819190.jpg
一階の南に位置する窓は全てペアガラスで、
その他の窓はトリプルガラス。
断熱力は歴然と違います。

基本、K'z Homeさんの施工する家はトリプルガラスを推奨していますが
南側だけは「パッシブソーラー的発想」なるものから
ペアガラスもありなのだそうです。
パッシブ=受身
要するに空調機械だけに頼るのではなく
太陽の熱という自然エネルギーを利用する的な考えです。

しかし真夏にも西日の暑さを全く感じなかったトリプルガラス
(赤外線透過率:0%,ペアガラスは確か60%くらい)。
これだけ、窓の性能の違いを体感したら、
他の窓は、トリプルガラスにしておいてよかったと改めて思います。
(予算的には無理していますが・・・^_^;)

あ、そう言えば・・・天窓が西向きと東向きに一つずつありますが、ペアガラスです。
夏の日差しとか、冬の暖気が逃げてしまうとか・・・
ここ一番トリプルガラスにすべきところではなかったのでしょうか・・・(^^;)?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/01/14 23:16 ] 入居後レポート | TB(0) | CM(2)

気密測定

気密測定をやりました。

僕は実際に立ち会った訳ではないので
どんなふうにやっていたのか分かりませんが、
こんな機械を使ってやるそうです。
photo.gif
(写真はイメージです)

結果は・・・

C値=0.5cm²/m²

だそうです。

C値とは、家の延床面積に対する「隙間面積」の割合を示す数値で、
床面積1m²当たりどれ位(何cm²)の隙間が有るかを表現した数値です。 
この値がゼロに近いほど隙間が少なく、気密性が高いことを意味します。

この0.5という数値が良いのか、悪いのかですが・・・

平成11年に経済産業省・国土交通省が、
地域ごとに「次世代省エネルギー基準」を設定し、
住宅の断熱性能と気密性能の基準値を設けています。

基準値は
・断熱性を示すQ値(熱損失係数)
・μ値(夏期日射取得係数)
・気密性能を示すC値(相当隙間面積)
で表示されます。

そのうちのC値の基準値は
北海道などの寒冷地では 2
その他の地域では 5
と設定しているそうです。

なんと、基準値の10分の1!!

14年前に国が決めた基準なんて当てになるのかは分かりませんが・・・(^^;)
それからみれば、0.5はかなり優秀なのでしょうね。

ちなみに、断熱性では定評の高い(と勝手に思っている)
某住宅メーカーI工務店の平均実測値は
0.59であったとホームページにこれ見よがしに書いてありました。

結果を聞いたときは、その数値のすごさが分かりませんでしたが
調べてみると、なるほど、加藤社長が誇らしげだった理由が分かります。(^^)

K'z Homeさんで、7月に完成したおうちがありますが、
そこでのC値の測定値は0.4だったそうです。


以前、Web内覧会で紹介したトイレ(1F)

家自体、かなり防音されていて、
外の音は雨音なんてほとんど聞こえないくらいなのですが
最近、トイレに入ると妙に蝉の声が気になりました。
手でサッシを下方に押さえてみると、途端に音が小さくなります。。。

ここ、気密弱くねぇか・・・(^^;)?

木製サッシのトリプル擦りガラス。
一応我が家の最高仕様の窓なんだけどな。。。

まぁトイレに入って、暑いとか感じる訳ではないんですけどね。

ここが調整できたら、もう少し気密・断熱性能上がりそうですけど、
サッシの調整なんて今から可能なんですかねぇ?


話しは少しずれますが、K'Z HOMEさんの7月の完成見学会にお邪魔したときに
ペアガラスとトリプルガラスの赤外線透過率を見せてもらいました。
ペアガラスは(確か・・・)60%くらいなのに対し
トリプルガラスはなんと 0%

我が家も基本はトリプルガラスを使用しています。
またできたら、Q値なども図ってみたいですね。(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
[ 2013/08/04 01:47 ] 入居後レポート | TB(0) | CM(0)

全館空調

東海地方も梅雨明けしたらしく
本格的に夏到来という感じですね。

最高気温は36℃

ちなみに昨日の僕の最高体温は39.1℃
僕の記憶する中では、人生最高記録です。
会社も休んで一人車で病院へ行きましたが、
外の暑さと体のだるさで、フラフラ。
飲酒運転よりも危ないんじゃないか・・・?

一方、家の中はというと、
ちょっと頑張って取りつけた全館空調機のおかげで
とても快適です。(^^)b

温度は28℃に設定していますが
家のほぼ真ん中に設置している温度計も
一日中28℃前後をさしています。

会社などでもエアコンの設定温度は28℃としていますが、
快適さが全く違います。

そもそも、通常のエアコンで28℃設定にしたところで
室内の温度が28度になることはないのではないでしょうか?

妻と二人「28℃ってこんなに涼しいんだね~」と驚きました。

しかも、限られた部屋だけでなく、家中どの部屋もです。
(吹き抜けのせいで熱気が上に逃げるせいか、
 すこ~し2階が暑く感じますが、
 空調機械の設定でこれもなんとかなるらしいです。)

引っ越す前は、トイレに行くために部屋をでるだけで、
「あつ・・・・」と滅入りそうになり、
そしてトイレに入ったら、さらに蒸された暑い場所でしばらく間用を足す。
エアコンの効いた部屋から出るだけでも億劫でしたが
今では、全くそんなことはありません。

断熱もしっかりされているので、
壁際・窓際へ行っても暑さをほとんど感じないので
外が暑いことも忘れてしまいそうなくらいです。

その分、玄関を開けたときのギャップにはやられますが・・・(^^;)
逆に、外から帰ってきたときは、玄関を空けた瞬間から涼しいです。


一度下げた室温を上がらないようにするため、
基本的に機械は24時間動かしっ放しです。
出かけて誰もいない時でも動かしています。

(ちなみに我が家は室内犬を飼っているので
今までも、エアコンはつけっ放しでしたけど)

そもそも全館空調は、部屋の温度を下げる機械ではなく
一定に保つためのものです。

一定の温度をずっと保たせるほうが、
上がってしまった温度を下げるよりエネルギー効率がよく
室温を上げないことが大事になってきます。

しっかり断熱がしてあれば、室内の温度変化も少なく
機械の稼動も少なく済むと言うわけです。

面白いことに、風呂上りに、ポカポカの体のまま、
ベッドで子供を寝かしつけていると、
室温が上がるのか、機械が動き出します。

余談(?)ですが機械が動き出すと結構な音がします。
我が家の機械室も防音施工はしてありますが、
ドアに若干隙間があるので、やはり音は漏れます。
一応対策をうってもらう予定ですが。

それに室外機もかなり大きなものなので、相当の音がします。

まぁこちらのほうは、外にあるので、
うちの中にいれば気になりませんが、
ただ、ご近所さまに少し響くんじゃないかな・・・と
心配しています。(^^;)

さて、今年の夏休みは、
貯金も使い果たし、どこにも行くこともないと思うので・・・
涼しい我が家でのんびり過ごしたいと思います。(^^;)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
[ 2013/07/10 22:26 ] 入居後レポート | TB(0) | CM(0)

表札つきました

住宅雑誌などで注文住宅で建てた人のお話などを見てみると
「いや~完全に予算オーバーでしたよぉ」
なんて、ニコニコした写真と一緒に載せられていますが、

我が家も思った以上でした・・・(^o^;)

自由度の高い注文住宅の場合、プランが決まった後でも、
家の形が見えてくると、あれやこれやと追加・変更したくなります。

何度かこのブログにて追加が発生するような
記事を書いてきた訳ですが・・・
昨日、とうとう追加料金が決定しました。

追加料金を見越し計算した上で
少し余裕をもって借りた住宅ローンでしたが、
意外に見えていない部分にもかかっており、
今年の夏のボーナスまで手をつけなければ間に合わなさそうです。。。(^_^;)

それでもこの「一発勝負で百年住宅」というテーマを掲げ
多少無理をしてでも、いいお家を建てるというコンセプトのもと
ほぼ妥協なしでやってきた割には、まぁ・・・お値打ちだったのかなぁ・・・
(と思うことにしています。)

なので、反省はありません。
(しても次はないので、しません。)

「もうちょっとこうしておきたかったなぁ~」
っていうところはいくつかありますが、
基本的に、いつでも直せるところばかりです。
それは今後ゆっくりと直していこうと思います。


先週届いた表札を、今日取り付けてつけてもらいました。
image019_20130623220803.jpg
image025_20130623221707.jpgimage016_20130623220700.jpg

残している課題の一つに
門柱右の砂面にレンガを敷き詰める予定なのですが、
予算の都合上、これは自分たちでやることにしています。

夏が本格化する前、5月中にやってしまいたかったのですが、
既に暑くなってきてしまいましたし、
お金も底尽きたので、ゆっくりやることにします。。。(^^;)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

[ 2013/06/23 22:22 ] 入居後レポート | TB(0) | CM(2)

表札が出来上がりました

またもや1週間も更新を空けてしまいました。

というのも、先週の月曜日から3日間だけ
息子と二人、僕の実家に帰っていました。

新築早々、夫婦喧嘩で実家へ追い出されていた・・・
訳ではなく、「百日マイコ」妻の容体があまりよくなく、
息子にうつすといけないということで、
妻には申し訳ないですが、避難していました。

そして少しよくなった4日目、
帰ってきてやっぱり我が家がいいなと実感。

1ヶ月住んでいて、鼻も麻痺していましたが、
久々に帰ってくると、まだ新築の木の香りがしていました。

そして、雨量は少ないとはいえ、
湿気と暑さで鬱陶しくなってきたこの頃、
全館空調システムにより家中とても気持ちがよいです。

この全館空調システムと高断熱・高気密・高調湿の家のコラボレーション
これから真夏を迎えるに当たっての楽しみの一つです。
この住みごごちレポートは、また後日(^_^)



ということで本題。

待ちに待った表札が出来上がり、昨日(日曜日)届きました。
image1003_20130617234303.jpg
注文してから約3ヶ月ほどかかりましたが
それだけ、手を掛けて作ってくれているということで。(^^)

発注先はanjicoさん
詳細はこちら

陶のプレートに文字が彫ってあります。
全て小文字アルファベットで彫っていただきました。

これを門柱にとりつけなければなりませんが、
陶製のため自分で取り付けると割ってしまいそうなので、
K'z Homeさんに後日お願いします。

ということで、それまでインテリア雑貨として
飾っておくことにしました。(^^)
クリップボード02

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村


[ 2013/06/17 23:34 ] 入居後レポート | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。