家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

配線

仕事中に妻から電話の着信。

打ち合わせ中だったため出られず、後で掛け直そうとしたけど、
全然、鳴り止まない。

「何かあったのかな・・・?」と心配になり、退席して電話に出たところ、

「インターネットの接続方法は、フレッツか、コミュファか、
 ケーブルテレビ、どれがいいか?だって。
 今日中に決めないと配線ができなくて困っているらしい。」

確かに急ぎの用事なんだろうけど・・・
突然そんなこと言われても、考えてる訳ないじゃん・・・-_-;

数分間話した結果、今使っていて特に不自由のないフレッツにしました。


内壁の工事が進み、だいぶ部屋らしくなってきました。
imag21009.jpg imag21007.jpg imag21015.jpg

工事が進むにつれて、細かいところを決めることが多くなってきました。
そして、今決めたことがリアルタイムに実現されていきます。

インターネットに限っては、とりあえず使えさえすれば
それほど拘りもないことだったのでいいですが、
思いつきの一言でも事が進んでしまうと思うと、
下手なことが言えないなぁという感じです。。。

例えば、照明のスイッチ配置。
一応、図面を見ながら一通り、打ち合わせでは決めていましたが、
いざ現場へ赴いて使い勝手を考えてみると、
図面では気づかなかったことがあります。

先週の土曜日に、現場へ見学に行くと配線工事の方が
ちょうどトイレの照明スイッチを取り付けていたのですが、

「スイッチはトイレの内側と外側どちらがいい?」と聞かれ、

「かわいい輸入スイッチをつけるなら、外側がいいけど、
安くてへぼいやつなら内側の目立たないほうがいい。。。」

そして、その場で15分ほど討論。

また、ぐるぐると部屋を見回っていると、
「ん?階段の電気なんでこんなとこにあるの?」と気づき、
「階段の電気つけるときはリビングの電気消すときだから隣がいいよな。。。」
と数分の討論。

取り付けて欲しいところを言えば、目の前で取り付けてくれます。
融通が利いてとてもありがたいんだけど、
今回はたまたま、現場に居合わせたからできたことです。

ほとんどのことは図面で打ち合わせた通りに、どんどんと工事が進められて
「ちょっと待った!」
がきかなくなってきてしまっているんだなと思うと少し心配です(^^;)。
(妻にはできるだけ現場に足を運んでもらっていますが。)

このスイッチ一つ一つにしても、僕らにしてはもっと時間をかけて悩みたいところだけど
加藤社長からすると、十分遅いみたいです。(^^;)


お風呂の工事も進んでいます。
imag21003.jpg

ユニットではないため、タイル・石・板など、こちらも選んで決めました。
が、決めていたはずのタイルが、実はもっと色の種類があったらしく、

加藤社長:「明日サンプルが来ますから、明後日までに決めて下さい。」

まぁそのくらいは大丈夫かな^^;

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


余談ですが・・・
夏から始めた家作り、休みの日も平日夜もほぼ家のことに費やしていました。
妻の育児休暇ももうすぐ終わり、4月から仕事開始。
住宅ローンを抱え、毎日あくせく働く日々が続くので、
最後にのんびりしようということで
2泊3日の旅行に行ってきます。

明日の夜から出発しますが、
サンプルのタイルでも持って、楽しみたいと思います。

1245821298_20130219235140.jpg
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/02/19 22:01 ] 工事 細かいこと | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。