家を建てよう  ~ 一発勝負で百年住宅 ~

知多半島で自然素材と高断熱にこだわった100年住める家を建てます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

玄関 と 窓 2F

構造見学会を明日に控え、仮設の階段が出来ているはず。
まだ見ていない二階を誰よりも先に見なくては・・・
(見学の予約はあまり入ってないみたいですが・・・(^^;))

ということで、(極寒の中)妻に写真撮影を依頼。
一通り、二階を含めた現在の進捗状況を撮影して来てくれました。

まずは、玄関の取り付けが完了しました。
image052.jpg
SIMPSON製 木製玄関ドア

玄関と並ぶと、木製サッシ窓がより引き立つ感じがしました。
ここだけでも木製サッシを選らんで良かったです(^^)
image051.jpg

玄関側全体の外観 (外壁ができていなくても、外観というのか?)
image050.jpg
車や足場があるので分かりにくいですが、
北面の窓や玄関は、バランスよく配置していただき、
成田さんの設計のセンスが光ります。
ただ、南面はいろいろ要望をかなえてもらっていたら、
バランスがくずれてしまいました・・・(^^)
(成田さんも悔しがっていましたが、誰が見るわけでもないので、そこはご愛嬌です。)


続いて、二階窓。
間取りはこんな感じ。(例の如く下手ですが(~~))
image_20130208221413.jpg

二階の窓はサイズは違いますが全て
Plygem製・トリプルガラス・樹脂サッシ・シングルハング
です。

やはり断熱性能は欠かせないため、トリプルガラスだけは(加藤社長が)拘り、
あとはできるだけ安く済ませました。
あまり紹介するほどのものではありませんので、僕の覚書です。

①トイレ ②廊下 北面
image012_20130208222122.jpg
幅 × 高 : 457mm × 914mm

③子供部屋 北面
image018_20130208222122.jpg
幅 × 高 : 762mm × 1372mm

④子供部屋1 ⑤子供部屋2 ⑥主寝室
image020.jpg
幅 × 高 : 457mm × 1220mm

⑦主寝室 南面
image028.jpg
幅 × 高 : 914mm × 1220mm

⑧ワークスペース
image030.jpg
幅 × 高 : 約 457mm × 1220mm

そして、図には書いていませんが、天窓2箇所。
image044.jpg
VELUX製
嵌め殺しタイプなので開けることはできませんが、
うちの南側にはアパートがあり、午後になると陽射しが入りにくいので
明かり取りが必要です。

写真のように天気のいい日は青空が仰げて気持ちが良さそうです。(^^)


そういえば・・・まだ全然考えていなかったのですが、
天窓を除く全ての窓に必要なカーテン。

予算もあまりないので、できるだけ安くてセンスのいいものを取り付けたいとこですが、
皆さん、カーテンにはどのくらいの予算をとってるんですかね(^^;)?
ちなみに妻はリネンのカーテンがいいと言っています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/02/08 22:20 ] 工事 建具 | TB(0) | CM(2)

窓 1F

サッシの取り付けが完了しました。

1階の窓のみを紹介します。
2階はまだ階段ができていないため、写真が取れなかったことと
紹介するほど、拘って選んでいませんので、割愛。

↓まずはうちの間取りです。
赤字の番号が窓の位置になります。


間取りも、もう少し後に紹介しようかと思いましたが、
来週には構造見学会もやることだし、もったいぶることもないかと。
そもそもこんな下手な絵見せられてもなんの参考にもならないか(?)

それに、構造見学会に来て頂ける方は、
きっとこのブログを読んで頂いているだろうと思い、
(勝手に思い込んでいますが)ちょっとでも参考になれば幸いです。
そんなことしなくても、加藤社長から説明されるかもしれませんが。

では、①から順に紹介していきます。


①洋間(左)  ②トイレ(右)
image011.jpg image003_20130203222250.jpg
Hurd製
幅 × 高 :558mm × 940mm
開閉:ダブルハング
サッシ:木製サッシ
ガラス:トリプルガラス

玄関の隣にあり、家の顔となるので、
機能だけでなく外からの見た目も重視し木製サッシを選択。
2つの窓はサイズや開閉は同じですが、トイレのみ外から見られないように擦りガラスに変更しました。
サイズを除くとトイレの窓がうちの最高級窓となってしまいました。

ちなみに表からみた写真です。
image033.jpg
右が洋間・左がトイレです。
サッシには焦げ茶系の色をつける予定です。


③風呂
image007_20130203230218.jpg
PlyGem製
幅 × 高 : 762mm × 610mm
開閉:オーニング
サッシ:樹脂サッシ
ガラス:トリプル擦りガラス

さすがに、お風呂には木製や複合は使えないため、
北側とは言えど、樹脂サッシを選択。
間取り図を見ていただくとわかるように、少し玄関から飛び出ているので、
ここの色が変わっても違和感がないかと。

↓外からみるとこんな感じ
image031_20130203231334.jpg


④脱衣所、⑤洗面所
image006_20130203230222.jpg
PlyGem製
幅 × 高 : 457mm × 914mm
開閉:シングルハング
サッシ:樹脂サッシ
ガラス:トリプルガラス

洗面・脱衣所は基本的に来客に見せることはない上、
東面は、隣人の家からしか見えないため、
全く気張る必要はなく樹脂サッシを選択。
サイズも小さく、うちで一番安い窓です。

⑥キッチン東面
image026_20130203232333.jpg
Marvin製(インティグリティ)
幅 × 高 : 432mm × 905mm
開閉:ケースメント
サッシ:複合(木製・樹脂)サッシ
ガラス:トリプルガラス

打ち合わせ当初は、「小さな窓だし東面だし、あまり目立たないから」という理由で
樹脂サッシを選択していました。
もともと、トリプルガラスで複合サッシの商品自体なかったのですが
ちょうどいいタイミングで、このMarvinのインティグリティシリーズから
ケースメントタイプとオーニングタイプのみ出てきました。
このL・D・K全体のバランスを考えたときに
ここだけ樹脂サッシはどうしても気持ちが悪いということで、
発注寸前に変更した窓です。
(加藤社長にはご迷惑をおかけ致しましたm(_ _)m)

オーニングとケースメントはシングルハングに比べるとやや割高になります。
だったら、ペアガラスに妥協することは出来なかったのか?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、断熱の性能上、社長に却下されました。


⑦キッチン南面
image023.jpg
Marvin製(インティグリティ)
幅 × 高 : 572mm × 1226mm
開閉:ダブルハング
サッシ:複合(木製・樹脂)サッシ
ガラス:ペアガラス

コメント省略

⑧ダイニング
image018_20130203234200.jpg
Marvin製(インティグリティ)
幅 × 高 : 775mm × 1226mm
開閉:ダブルハング
サッシ:複合(木製・樹脂)サッシ
ガラス:ペアガラス

コメント省略


⑨リビング南面
image017.jpg
Marvin製(インティグリティ)
幅 × 高 : 2438mm × 2438mm
開閉:スライディング
サッシ:複合(木製・樹脂)サッシ
ガラス:ペアガラス

うちの予算を大幅につり上げた原因となる窓です。
加藤社長や成田さんにも、
「せっかくのリビング吹き抜けにはこの窓を使わない手はない!!」
などとそそのかされ(人のせい)調子に乗って選んでしまいました。
この窓を複合サッシにしたことで、LDKから見える全ての窓のサッシは
複合を選ばざるを得なくなりました。(←別に選ばなくていいんですけど・・・σ(^^;))

そしてこのリビング窓の上にはさらに明り取り用の窓
image029.jpg
PlyGem製
開閉:ピクチャー(嵌め殺し)
サッシ:樹脂サッシ
ガラス:ペアガラス

ちょっと暗い写真ですが、デカ窓と嵌め殺し窓とのバランスはこんな感じです。
image001_20130203234159.jpg

でも、想像では、少しでかすぎたかなぁ~と心配していましたが(今のアパートの天井より高い)
いざ吹き抜けに合わせてはめてみるとそれほど違和感はない、
というかむしろこのくらい大きくないと空間とのバランスが悪くなり、
残念なことになったかもしれません。。(自己満足!)

⑩リビング西面 ⑪洋間西面
image010.jpg
Marvin製(インティグリティ)
幅 × 高 : 737mm × 1210mm
開閉:ケースメント
サッシ:複合(木製・樹脂)サッシ
ガラス:トリプルガラス

この2つの窓も断熱の理由からトリプルガラスは必須。
そして、リビングのデカ窓サッシにデザインを合わせるため、複合サッシを選択。

西面は外からも目立つので、木製も視野に入れましたが、
予算的にアウトのため複合で妥協。(妥協できているのか?)
そうなると⑥で言ったように、必然的にオーニングかケースメントタイプ。
夏、南からの風を取り入れやすいようにケースメントを選択。



長くなりましたが、最後にうんちく。

お気づきか分かりませんが、断熱性能のためキッチン東面や西面のケースメント窓は
ペアガラス案は却下されましたが、南面の窓のみ全てペアガラスにしています。

デカ窓にトリプルガラス製のものがなかったのは確かですが、
「このでかい窓がペアガラスなら南側の窓は別にトリプルに拘る必要ない」
というやけくそな理由からではありません。

というのは・・・・・
ほんとに長くなるので、興味のある方はこちらから加藤社長のメールをご覧ください。
(なにも編集していないので、よく意味が分からなかったらごめんなさい。)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
(今回は疲れました。。。自分の覚書のようなブログになってしまいました。)
[ 2013/02/03 20:19 ] 工事 建具 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。